ビー・ユー・ジーDMG森精機ロゴ
ビー・ユー・ジーDMG森精機株式会社
ホーム ニュース 会社情報 事業内容 サポート お問い合わせ/資料請求
 
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
平成19年11月26日
株式会社ビー・ユー・ジー
 

BUG『高精細カンファレンスシステム』を 森精機製作所が採用

 株式会社ビー・ユー・ジー(本社:札幌市、代表取締役CEO:服部裕之、以下BUG) 開発の『高精細カンファレンスシステム』が、株式会社森精機製作所(本社:名古屋 市中村区、代表取締役社長:森 雅彦、以下森精機製作所)に採用され、業界初の画 期的打合せシステム “高精細打合せシステム”として導入されました。
 

 このシステムは、BUGの高機能HDTV(ハイビジョン)フレームメモリをベースに開発された4K解像度の映像を再生可能なハードウェアをベースに、ハイビジョン対応カメラ、フルHDの4倍の解像度(4K)に対応するプロジェクター、フルHD対応液晶モニタを投入し、複数拠点と高精細映像を共有・確認しながら打ち合わせを行うことを可能にしたシステムです。
 『高精細カンファレンスシステム』は、高精細な画像情報を複数拠点で共有し、開発期間の短縮化、打ち合わせ/商談時間の短縮化、移動コストの圧縮等を検討しているユーザには画期的なシステムです。精密機械や高付加価値商品の製作・販売、保守部門と品質管理部門などとの連携など、『高精細・高細密』な映像を用いた高度なコミュニケーションを実現します。

 森精機製作所では、既に国内主要4拠点(名古屋本社、伊賀事業所、千葉事業所、奈良事業所)にシステム導入が完了しており、名古屋本社には200型の大画面が設置されています。
本システムの導入により、森精機製作所より工作機械の購入を検討されているお客様が、最寄りの事業所で機械加工・サービス・仕様確認等、欲しい情報を得ることが可能になります。

 

高精細カンファレンスシステムの特徴

 

高精細

ハイビジョン(HDV)カメラによる動画撮影に加え、マクロレンズにより最大100倍までの超拡大(細密)映像の撮影が可能です。ネットワーク対応によるハイビジョンリアルタイム伝送システムと最新コーデックH.264を採用し、低帯域幅ながら高画質の映像伝送を実現しています。LANが設置してある場所であれば、撮影した映像をリアルタイムに各拠点間へ伝送することが可能です。
送出装置として、ハイビジョンから最大解像度4K(4,096 × 2,160: フルハイビジョンの4倍)まで送出可能なプロジェクタおよび再生装置を使用しています。


シンプルな操作性

システム全体を一元的に制御する操作アプリケーションを用意。最大8チャネルまでのハイビジョン動画、静止画、パワーポイント等のPC画面出力、テレビ会議システム、外部再生装置等のコンテンツや機器を、アイコン操作の簡潔なGUIで自由に選択・切り替えることができます。

 

*)記載の会社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。
*)記載の仕様・価格については、予告なく変更する場合があります。
2007.11.26
  一覧ページへ ページトップへ
プライバシーポリシーサイトマップ