ビー・ユー・ジーDMG森精機ロゴ
ビー・ユー・ジーDMG森精機株式会社
ホーム ニュース 会社情報 事業内容 サポート お問い合わせ/資料請求
 
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
平成21年12月25日
株式会社ビー・ユー・ジー
 

凸版印刷がおサイフケータイ対応の新プロモーションメディア
「アミューズメントタッチスポット」の実証実験に
BUGの『ピットタッチ・オクトパス』を採用

 株式会社ビー・ユー・ジー(本社: 札幌市、代表取締役社長:川島 昭彦、以下 BUG)は、凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:足立直樹、以下 凸版印刷)が展開する新プロモーションメディア「アミューズメントタッチスポット」の実証実験に、同社のおサイフケータイ対応FeliCaリーダー『ピットタッチ・オクトパス』が採用された、と発表しました。
 

 凸版印刷は、企業と顧客を結ぶ最も身近なツールの1つである携帯電話を活用した新プロモーションメディアとして、「アミューズメントタッチスポット」の実証実験を2009年12月28日から2010年1月31日まで実施します。この「アミューズメントタッチスポット」では、「占い」や「待ち受け画面」など複数の携帯電話向けコンテンツを紹介し、来店顧客への利便性と、その広告効果について検証します。

 BUGの「ピットタッチ・オクトパス」は、おサイフケータイをかざしてコンテンツのURLを読み取り、Webサイトに誘導するタッチ端末として採用されました。その理由として、おサイフケータイをかざすだけで情報が授受でき目的の情報への誘導が容易なこと、複数のコンテンツを限られたスペース内で容易に設置・運用できるためスペースを有効に活用したプロモーションを可能にしたことがあげられます。

 凸版印刷はこの「アミューズメントタッチスポット」を、ドリームインフィニティ株式会社(本社:東京都北区、代表取締役社長:高山和紀、以下 ドリームインフィニティ)が運営する「Zippy名駅店(愛知県名古屋市中村区)」に設置し、運用ならびに効果検証を行います。

※「アミューズメントタッチスポット」の実証実験については、同日発表の凸版印刷のプレスリリースをご参照ください。

 

ピットタッチ・オクトパスについて

 

 『ピットタッチ・オクトパス』は、1台のコントローラから複数台のリーダーを制御する技術と、近接して設置されたリーダー間の干渉を防ぎ、おサイフケータイに情報を正確に伝達する、BUGの2つの技術(特許出願中)をもとに開発したFeliCa対応リーダーです。最大21個のFeliCaリーダーとその制御用のナビボックスで構成され、各リーダーの設定はナビボックス経由で行われます。ナビボックスは、FeliCaリーダーライタとしても機能します。

『ピットタッチ・オクトパス』では、おサイフケータイがタッチされたリーダーの場所情報とおサイフケータイのFeliCa IDからURLを生成し、おサイフケータイに通知することができます。そのURLでサーバにアクセスすると、サーバ側でどのリーダーにタッチされたかわかります。それにより、複数の商品を一度に選択後ECサイトへアクセスさせたり、複数の条件に従った検索結果を得たりすることができるようになります。ピットタッチ・オクトパスを利用したシステムでは、これらの機能を活かし、場所(地域や駅等)、予算、商品の種類で商品を選択しECサイトへの誘導、タッチした商品の動画広告を流すデジタルサイネージ、質問に対する回答を順次選択させるアンケートシステム等に展開できます。

ピットタッチ・オクトパス
ピットタッチ・オクトパス

 

*)「ピットタッチオクトパス」または「PitTouchOctopus」は株式会社ビー・ユー・ジーの登録商標です。
*)「FeliCa」はソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式です。「FeliCa」はソニー株式会社の登録商標です。
*)「おサイフケータイ」は株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの登録商標です。
*)記載の会社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。
*)記載の仕様・価格については、予告なく変更する場合があります。

(訂正:2009/12/28)
誤)最大20個のFeliCaリーダーとその制御用のナビボックスで構成され、各リーダーの設定はナビボックス経由で行われます。
正)最大21個のFeliCaリーダーとその制御用のナビボックスで構成され、各リーダーの設定はナビボックス経由で行われます。
2009.12.25
  一覧ページへ ページトップへ
プライバシーポリシーサイトマップ